優れたリーダーを育成する管理職研修

優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

 

実践で生きる管理職研修はここにある

リーダー、管理職、経営幹部まで対応する研修

組織の経営戦略を理解し、明確なビジョンを持ってリーダーシップがとれる人材の育成は、企業にとっての最重要課題です。

当サイトは、リーダーや管理者、経営幹部を対象とした研修を紹介しています。ひとつの研修会社に偏らず、評判の高い管理職研修をピックアップしていますので、ぜひご活用ください。

育成力に定評のある管理職研修をランキング

 

なぜ管理職研修が必要なのか

管理職の役割は、部下を通して、あるいは部下の能力を発揮させて、目標を達成することです。企業経営の中核を担い、業績や目標達成、人の育成にダイレクトに影響を与えるこの階層の能力強化を図ることは、即ち組織の屋台骨の強化につながります。

しかし、身近に手本となるべきリーダー不在などの理由から、管理者・幹部候補が育たないという悩みを多くの企業が抱えています。管理職研修は、リーダーとして必要な考え方や知識、スキルを習得するトレーニングとして非常に有効な方法です。

研修の内容例

管理職研修の内容を大まかに分けると、以下の4つの思考、スキルを身につけるための訓練となります。

  • 管理職としての立場の理解
    組織がうまく機能するためには、責任者である管理職が常に自らの置かれている状況・立場・役割を理解しなければなりません。研修では自覚トレーニングがおこなわれます。
  • 部下を指導・育成する手法
    チームがより円滑に働くために、部下や後輩の指導をおこないます。指導力はもちろん、周囲とのコミニュケーション能力は必須。部下の能力・意識を高めることが管理職に与えられる大きな役割です。
  • 問題の分析と解決能力
    問題解決者として、日常業務において問題が生じた時点で、原因を分析し迅速に解決する手腕が求められています。また、組織の発展のために自ら課題を見つけ出す能力も磨く必要があります。
  • 組織をまとめるリーダーシップ
    目標を掲げ、その達成のために周囲のメンバーを引っ張っていく必要があります。研修では、そのためのリーダーシップを磨く訓練をおこないます。

研修会社の選び方

組織の内情や研修を行なう目的は、その企業によってまちまちですから、やはり自社の実情と目的に合った研修会社を選ぶことが必須と言えます。

では、何を基準に選べばいいのでしょうか?
研修選びの目安として、次のような点を挙げる専門家もいます。

  1. 高い顧客満足度と実績⇒リピート率が高い
  2. 徹底的に成果にこだわる⇒継続的に効果を生む仕組みを整えている
  3. 実用できる豊富なノウハウを持つ⇒現場で培ったノウハウを基にした提案が可能
  4. 課題や悩みに正面から向き合う⇒企業に合わせてサービス内容をカスタマイズする

こうした基準は非常に有効ではあるものの、依頼する企業の側からはなかなか見えにくい部分もあり、本当の意味での「基準」として活用するのは難しいと言えますが、参考になるのは確かです。

何はともあれ、まずは複数のセミナーや合宿を比較検証してみましょう。
当サイトでは、依頼した企業や参加者自身からの評判が良い管理職研修を、ランキング一覧で紹介しています。まずはここから資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

コストパフォーマンスの高い研修一覧

 
優れたリーダーを育成する管理職研修