優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

HOME » 管理職研修を徹底比較 » アービンジャーインスティチュート

アービンジャーインスティチュート

アービンジャーインスティチュートのHP画像アービンジャーインスティチュートは、世界20ヶ国に支部を持つ研究機関。業種・規模を問わず世界中の企業からセミナーの依頼があり、1000社以上の企業をコンサルティングしています。国内では富士通やマルハン、野村総合研究所など。海外ではマイクロソフト、グーグル、IBMといった世界的な大企業も導入しています。

その火付け役となったのが、アービンジャーが出版した『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本。Amazonビジネス書ランキングで1位に鎮座し続け、世界累計100万部以上を売り上げている人気書籍です。セミナーでは、この本の内容を実践して身につけていきます。

このセミナーを実施した会社では、離職率が実質0%(結婚などの事由を除く)まで下がったり、売上げが5倍まで伸びるなど、業績向上に多大な貢献をしていることが分かります。

評判の管理職研修ランキング>>

考え方が変わる!アービンジャーインスティチュートの箱セミナーとは

アービンジャーは、気づかないうちに他人を物として見てしまっている自己中心的な状態を「箱に入っている」と定義づけます。これが前提となる概念です。

単一の価値観に依存した自己中心的な思考は、管理職にとって致命的。日々情報の受け手として判断を任される立場であり、多角的な視点を持つことが求められます。ゆえに、管理職が箱に入っている状態では、生産性の向上は望めないのです。

心理療法では、自分の思考のクセに気付くことが非常に有効だといわれています。それと同じで、自分を変えるためには、まず自分の考え方を知ることが重要です。アービンジャーのセミナーでは、数々のワークを通して自分の状態を深く見つめ直し、箱の存在に気づかせます。自分が箱の中に入っていると気づくことで、そこから抜け出す方法も導き出せるようになり、根底から意識を改革することができるのです。

アービンジャーのセミナーは、箱セミナーを中心に、多様なニーズに対応しています。

アービンジャーインスティチュートが開催している管理職向けセミナー

【法人向け】
・経営者向け「箱」choiceセミナー
・管理職編「箱」choiceセミナー
・リーダーシップ編「箱」choiceセミナー
・チームワーク編「箱」choiceセミナー

【アービンジャーコンサルティング】
・同僚を変える30日ワーク
・上司を変える30日ワーク
・コーチ向けセミナー

アービンジャーインスティチュートのセミナー受講者の声

  • 「セミナー受講後、職場が活気に満ちています。コミュニケーションが増え、部署間の連携もスムーズになったと感じます」
  • 「2日間の講習が終わったときは、世界が違って見えるようでした。仕事と自分の関係を俯瞰的に見つめ直すことができ、気づくことの大切さが身に沁みて分かりました」
  • 「箱に入った状態では、自己正当化によって視界が曇ってしまい、何が正しいのか分からなくなってしまうことに気づきました。自分をより客観的に見れるようになったと思います」
  • 「本を読んだだけでは気づかなかった、自分の奥深くに、まだいい人を演じている自分を見つけることができました」
  • 「このセミナーで、心の在り方を見直すことができました。今まで憎らしいと感じていた部下や同僚を、愛おしく感じてしまうほどの変化には驚きました」

 

 
優れたリーダーを育成する管理職研修