優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

HOME » 管理職研修を徹底比較 » ビジネス教育訓練所

ビジネス教育訓練所

ビジネス教育訓練所のHP

合宿研修を中心としたビジネス研修を行なっている、ビジネス教育訓練所の管理職研修の内容と、体験者の口コミをまとめています。

講師派遣と合宿型研修を提供する「ビジネス教育訓練所」。管理職向けの研修には特訓合宿と実践合宿があり、いずれも仙台の合宿所で集中的にトレーニングが行なわれます。

「体験が感動を呼ぶ教育を」という合言葉で、講義よりも実践的な研修が多いことが特徴。合宿中は全員同じ水色の上着を着用し、受講生同士の一体感が得られるように工夫されています。

シチュエーションを想定した実践合宿と、審査の厳しい特訓合宿

  • 管理者実践合宿3日間

具体的な場面を想定した、管理者としてのロールプレイが中心。部下指導の講義に始まり、部下の誉め方、しかり方、動機付けの仕方、説得の仕方、さらには悩みを聞き出し、アドバイスしあうカウンセリングなど、具体的な部下への接し方を学びます。

他にOJT計画書の作成、新入社員向けを想定したスピーチ、会議で部下の意見を引き出せる、司会進行の訓練が用意されています。

  • 管理者特訓合宿6日間

実践合宿との違いは、特訓合宿では各行程に審査が設けられており、必要な審査を全て通過しないと卒業できないこと。そのため、受講生によっては合宿日程が延長される場合もあります。ただし、事前の申請により、既定の日程で終わらせることも可能とのことです。

内容は、管理者として必要な能力や精神力を身に付ける訓練が中心。スピーチや暗唱など人前で話す訓練が多く、管理者10箇条の暗唱、社内の朝礼を意識した3分間スピーチ、教育の重要性を語る部下育成スピーチ、合宿の集大成を披露する卒業スピーチなどがあります。

また、受講者同士でディベートを戦わせる論争訓練、事例を通じて話し合うケーススタディなどで管理者としての考え方を会得。さらに、リーダーシップを鍛えるための30km夜間歩行、終了後の論文提出を通して、心身両面から管理者を育成するプログラムです。

ビジネス教育訓練所の研修体験者の感想

  • 最初の訓練でつまずいたため、精神的に弱い自分はすっかり自信をなくして、訓練が嫌になってしまいました。しかしその時の先生方の自分に対する対応こそが、管理職と部下のあるべき姿だと気づき、勉強になりました。自分が成長するために、貴重な時間だったと思います。ありがとうございました。
  • 通常6日間で終了する日程ですが、私はなかなか審査に合格せず、9日間もここで過ごすことになりました。他の受講生が次々と卒業していき、焦りましたが、最後まで頑張れたのは先生方のおかげです。たった一人の卒業式では泣いてしまいました。
 
優れたリーダーを育成する管理職研修