優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

HOME » 管理職研修を徹底比較 » HRインスティテュート

HRインスティテュート

HRインスティテュートの管理職研修について紹介

HRインスティテュートでは、創業以来16年間、すべてのプログラムのコンセプトである「実践的プロセス・コンサルティング手法(メソッド)」としての「ワークアウトR」プログラムで多くの成果と評価を得ています。

同社の管理職向け研修である「塾(JUKU)」プログラムの一番の狙いは、受講者がプログラムを受講することによってリーダーとしての「責任と価値作り」を現場で実践していく「実践型人材」になることです。

優秀なリーダーを育てる研修ランキング>>

「塾」形式で真の管理職を養成する

このプログラムを受講することによって習得できることは次の3点です。

  • 1、経営人材としての知識の習得~スキル強化

得られる主なスキル:課題解決力、本質思考力、戦略構想力。
経営に必要なビジネススキルを体系的に学び、実践のための思考基盤を確固たるものにする。

  • 2、経営人材としての意識の向上

得られる主なスキル:リーダーシップ、自己変革能力
リーダーとしての「責任と価値作り」とは何か? 己とは何者か? ということを常に問い続け、リーダーとしての責任と価値作りのために自己変革の重要性を認識してもらう。

  • 3、経営人材としての実践力の強化

得られる主なスキル:変革&成長ロードマップ実践力、部下指導力、現場強化力

創り上げた「シナリオ」の内容を現場(実際の職場)に戻って実践し、現場からのフィードバックをもとに、JUKUの毎回のプログラムで仮説検証をしていきます。これによって、即実践、即成果のサイクルを思考と身体に焼きつけます。

「塾(JUKU)」プログラムの特徴として、現場のテーマをコアにした「即践型プログラム」が挙げられます。「経営塾/リーダー塾」プログラムは、ワークアウト(R)手法を基盤にした成果・実践にこだわった実践的プログラムです。塾形式の研修法をとることによって、真剣かつ厳しいプログラム推進ができるというわけです。

HRインスティテュートの管理職研修に関する評判

  • 「私は管理職ではあるものの、経営者の視点を持つことの大切さを学びました」「経営に必要なビジネススキルをわかりやすく体系的に学ぶことができました」
  • 「研修で学んだことを現場で実践するための考え方や視点が身につきました」
  • 「プレーヤーではなくリーダーとしての責任の種類や性質、そしてその大きさや影響力について学ぶことができ、自分の置かれた立場を再認識することができました」
  • 「大げさかもしれませんが、“己とは何者か?”ということを常に問い続けることの大切さを学びました」
  • 「リーダーとしての責任と価値作りのためには、まず“自分自身が変わる”、つまり自己変革が重要だということを改めて認識できました」
 
優れたリーダーを育成する管理職研修