優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

HOME » 管理職研修を徹底比較 » リクルートマネジメントソリューションズ

リクルートマネジメントソリューションズ

リクルートマネジメントソリューションズの管理職研修の内容

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ が実施している「リクルートマネジメントスクール(研修公開コース)」では、管理職研修に重点を置き、現場で発生しうる様々な課題に対応できる研修を取り揃えています。

ここでは、そのうちのひとつである「4D× 実行のための4つの規則(実行力を上げる!チームで目標を達成するためのプロセスマネジメント研修)」を例に紹介しましょう。

組織を支えるリーダーのための研修ランキング>>

 

実行力のあるチームを作る管理職研修

この研修は、次のようなニーズに対応しています。

  • チームにとっての重要事項をなかなか実行に移せない。何か良い策はないだろうか?
  • メンバー(部下)に対して、企業(部門・グループ)の最重要事項に基づいた行動を促したい。
  • なんとかやるべきことは片付けているが、最重要目標を達成するために、チームでもっと協力する方法はないのか知りたい。

組織においてチームを正しい方向に導くためには、メンバー全員が同じ方向を向いていなければなりません。そこで、この研修では、チームの最重要事項を明確にし、確実にメンバーが目標を実行に移し、目標を達成するためのプランニング・メソッドとツールを提供します。部門やグループで請け負っている役割・目標を、メンバー個々の役割・目標まで落とし込み、それをさらにサポート・評価するという、極めて実践的な内容となっています。

研修プログラムの概要は次のようになります。

組織やチームが目標を達成するための規律を持つことで、チームメンバーのコミットメントを引き出し、実行レベルを向上させます。

現場での活用場面として考えられるのは、

  • 多くのチーム目標の中で、最重要目標になかなかフォーカスできない
  • 組織・チームの向かっている方向とメンバーの行動にズレが生じていると感じる
  • 目標に対して達成基準が明確に示されていない
  • マネジャー、チームリーダーとして、組織の目標をいかに正しくチームメンバーの個人目標に落とし込んだら良いのか自信が持てない
  • チームリーダーとチームメンバーの責任を明確にし、シナジーを発揮する風土が必要

といったケースです。

研修の最終目標は4つの規律の理解

この研修の目的は、具体的なプロセスとツールによって、「最重要目標」を達成する実行力のあるチームを作るための4つの規律を理解することにあります。

4つの規律

1、最重要目標にフォーカスする
2、先行指標に基づいて行動する
3、アカウンタビリティのリズムを生み出す
4、行動を促すスコアボードをつける

このプログラムの特長は大きく分けて以下の3点にあります。

●継続的に高い業績を上げてきた組織に共通する、企業の最重要目標の実行に着眼して 開発された「1日完結型」のプログラムである。
●組織全体の最重要目標に照らし合わせた個人目標を掲げ、毎週、毎日のタスクにブレイクダウンし、チームで相乗効果を発揮するためのプロセスを各種演習、映像を盛り込んだワークショップスタイルで学習する。
●受講後、職場ですぐに実践できるよう具体的、実践的なプロセスとツールが提供されている。

リクルートマネジメントスクールの口コミ評判

  • 「変化の多い不確かな世の中で必要とされるマネジメントの基本的な知識や概念といったものをじっくり勉強することができました」
  • 「仕事の中での物の見方や考え方を改善し、実際の現場に活かすことができるようになった」
  • 「プロジェクトなどを進行する際、突発的な事態への対応や、迅速に意思や方針を決定する強い自信と信念が身につきました」
  • 「自分自身を客観的にとらえ、自己洞察するという高度な視点を持つことができるようになったと思います」
  • 「管理者としての自分自身のアイデンティティーを確立し、マネジメントに活かすことの重要性を学びました」
 
優れたリーダーを育成する管理職研修