優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

HOME » 管理職研修を徹底比較 » トレーニング・カンパニー

トレーニング・カンパニー

人材育成のトレーニング・カンパニーが展開する管理職研修を徹底リサーチ。具体的な内容や研修生の変化についてまとめました。

トレーンングカンパニーのHP

「職育」をスローガンに掲げる株式会社トレーニング・カンパニーでは、企業の人材育成や人材活用、採用支援などを行っています。

管理職向けの研修はまず「マネジメント強化トレーニング」と題した講座が4種あります。いずれも部下とのコミュニケーションスキルを研磨するタイプの研修です。

たとえば「7つのマネジメントスキル」では、1講につき3時間の講座を7回受講し、各回それぞれ「部下に共感するスキル」「質問するスキル」「褒めるスキル」「叱るスキル」などを身につけます。

この研修は合宿形式ではなく、1講ごとに自社に戻り、身に着けたことを実践しながら進めていく方法。学習した内容が生かせているかどうかすぐに確認できることが利点です。

日常の業務から離れて集中して社員を変えたいならば、やはり合宿研修がおすすめ。「情熱研修」シリーズの「管理職変革コース」は、2泊3日の合宿で心身を鍛え、強いリーダーシップを持った社員を育成します。

内容は挨拶やお辞儀の仕方といった基本動作から、1分間スピーチ、「リーダー10則」の暗唱・理解、決意表明審査など。費用は基本料金14万円ですが、最終審査における不合格者に関しては期間延長となり、追加料金が発生します。

こういったプレッシャーも、管理職の激務に耐えていくためには良いトレーニングになるでしょう。

体験で身につける「情熱研修」

トレーニング・カンパニーの「情熱研修」には以下のような特徴があります。

  • 体験習得法 頭で理解するのはなく、実際に行動しながら理念を身につける。講師も共に声を出したり、汗を流したりして手本を示す。厳しい言葉も容赦なく飛ばす。
  • 表現力強化法 現場で起こりうるさまざまな状況を想定し、傾聴と理解、主張と説得のスキルを習得する。
  • 会儀式トレーニング 研修生が自分の頭で考えて発言できるように、講師は質問をするのみ。多角的に迅速に回答することが求められる。
  • 審査方式 最終日には管理職としての資質が身についたかどうか審査する。何度もチャレンジし、合格することで不屈の精神と達成感を会得。

トレーニング・カンパニーの管理職研修の口コミ

  • 参加したリーダー職の人間が変化しようとしています。自ら変革すべきと強く思い始めたきっかけを作ってもらえて感動です。
  • 参加させた研修生にさまざまな気付きがあり、頼もしく感じています。
  • 現場目線で作られた内容だったので、とてもわかりやすく実践に活かしやすいものだと思いました。
  • 誰にでもできることですが、このようにわかりやすく教えることは誰にでもできることではありません。理解しやすかったです。
 
優れたリーダーを育成する管理職研修