優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

HOME » 人材育成の問題点と解決法

人材育成の問題点と解決法

新人であれ中堅であれ、人材の育成には様々な困難が付きまといます。
これは、管理職とて同じことです。優れた管理職を育て上げるまでには、いくつもの課題に直面するものです。

よく耳にするのは、「リーダーとして自覚がない」というものですが、この場合、本人に責任感がないのではなく、それまで「プレイヤー」として働いてきたため、自分の立場を十分に理解していないということです。まずは「リーダー」としての行動を求められる立場になったということを理解させなければなりません。

また、「リーダー・管理職の問題解決能力が低い」という声もよく聞きます。中堅・リーダー職層は、まだ「人に教える」という経験が少なく、場当たり的な対応になるケースが多くあります。管理者研修では、現場で起きていることを題材にして、いかにして問題を克服していくかを疑似体験しながら、問題解決のための手法を学びます。

管理職にとって厄介なのは、「部下のやる気がない」ということではないでしょうか?
しかし、部下のやる気を引き出せない原因は、実は管理職の側にある場合がほとんどなのです。部下に一方的に指示や意見を伝えるコミュニケーションスタイルでは、部下はますますやる気を失ってしまいます。

ひとつの会社に長く在籍していると、どうしても「古い価値観を捨てられない」という問題も出てきます。その原因は、どこにあるのでしょうか? そして、どのように解決していけばいいのでしょうか?

このカテゴリでは、こうした問題点の解決策をさらに詳しく解説しています。

 
優れたリーダーを育成する管理職研修