優秀な人材は「探す」のではなく 管理職研修で「育てる」

HOME » 人材育成の問題点と解決法 » 管理職の役割とは

管理職の役割とは

 チームと部下を管理し、人の上に立つ存在である管理職。
ここでは、今更人に聞けない管理職の役割について紹介します。

そもそも管理職の役割とは

管理職とは、その名の通り管理(マネジメント)を仕事とすることです。

昔は「上下の連絡役」が一般的でしたが、今では部門内の戦略を一番に考える「マネージャー」としての役割が必要とされています。

管理職として必要なものとして、以下の3つが挙げられます。

  • 部下の教育
  • チーム全体の把握
  • 部門の目標達成

これらを見て分かる通り、ただ部下を管理するだけでなく部門内目標達成も役割のひとつです。

自分自身の意思と判断で、部下や部門を成長・改革させ会社の利益や業績に貢献することが管理職として最大の仕事のようです。

管理職の役割がよくわかる研修リスト>>

押さえておきたい3つのポイント

管理職の役割として最低条件に挙げられるのが、
部下を管理しているという自覚を常に持つことです。
それ以上に重要なのが
「いかに部下をうまく動かして、部門目標を達成するか」ということです。
一般の企業に多く共通する3つの課題を紹介します。

・部下の把握を心がける

→自分が任せられている部門の状況や部下が今何をしているかを常に把握することが大切です。
把握出来ていない場合、業績に貢献しているが部下の仕事ぶりが見えにくい状況が生まれてしまいます。
業績の結果しか分からない状態になってしまうと、部下へ「最近頑張ってるな」や「もっと努力しろ」など、曖昧で精神論な言葉しか言えません。
そうならないためにも、報告・連絡・相談を部下へ徹底させ、管理職が本来すべき役割を果たすことを再認識しましょう。

・コミュニケーションを心がける

→管理職は部下を動かしているという意識を持つことも役割のひとつです。
部下を動かす上で重要なのが、コミュニケーションです。

ここで参考にして欲しいのが、コミュニケーション方法のひとつである「コーチング」という手法です。
部下へコミュニケーションを図る際に「~君はどう思う?」「どうすればいいと思う?」など部下へ考えるきっかけを与える質問をすることによって、自分で考えさせることが出来、部下自身の育成にも繋がります。
しかし、この手法は新人やあまり経験のない社員に対してはあまり有効ではないようです。
大前提として、相手のレベルにあったコミュニケーション方法をすることが重要になってくるようです。

・意識・気持ちの統一を心がける。

→部門の目標達成や業績の貢献をするために必要なのが「意識の統一」です。

自分が在勤している会社の理念を共有すれば、ふとした拍子に組織は崩壊してしまいます。
そうならないためにも、会社の理念を自らの言葉で部下にどう伝えるかが、とても大切なことであり、管理職の重要な役割のようです。
このように管理職になると、一般社員では知りえなかった「会社の経営面」「部下へのアプローチの仕方」などやることが多岐に渡ります。
部門や部下の業績や成長は全て管理職の手にかかっています。

だからこそ、今後の管理職の役割はとても重要になってくるのです。

評判の高い管理職研修ランキングページへのリンク画像

 
優れたリーダーを育成する管理職研修